クランクイン!ビデオ

項羽と劉邦 King’s War 第40話 趙高誅殺

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

武関(ぶかん)には誰もおらず戸惑う劉邦(りゅうほう)だったが、趙高(ちょうこう)が兵を撤退させたのだと知ると引き続き嶢関(ぎょうかん)へと向かう。子嬰(しえい)は女官から2人の人物に引きあわされる。1人は行方知れずとなっていた娘、もう1人は韓談(かんたん)だった。娘との再会を喜んだ子嬰は、韓談から趙高が自分を秦王にするのは、傀儡にして劉邦に取り入るためだと聞かされる。子嬰は病に倒れたと偽り趙高を見舞いに来させた。そして、1人で部屋に入った趙高を自らの手で斬る。死を前にして趙高は「自分のような宦官に踏みつけにされて秦国は滅亡する哀れな国だ」とあざ笑った。子嬰はすぐさま大臣たちを集め、趙高の死を伝えた。難攻不落の嶢関を前にして、張良(ちょうりょう)は秦軍を投降させるために盧綰(ろわん)を使者として送る。盧綰はなかなか和議に応じない秦の将軍に、ならば残虐な項羽が攻めてくるぞと脅す。将軍は和議を承諾するが、そのとき咸陽から敵と戦わねば親族も罰するとの通知が届き、再び開け渡しを拒む。しかし、張良の戦わずに戦うという策によって、秦も楚も1人の死傷者を出さずに嶢関は開け渡された。

出演:何潤東(ピーター・ホー)、陳道明(チェン・ダオミン)、段奕宏(ドアン・イーホン)、楊立新(ヤン・リーシン)、孫海英(スン・ハイイン)、霍青(フォ・チン)、泰嵐(チン・ラン)、李依暁(リー・イーシャオ)、湯ヤン(タン・ヤン)、他
監督:ガオ・シーシー 脚本:ワン・ハイリン、イエン・ガン

項羽と劉邦 King’s War 第40話 趙高誅殺のユーザーレビュー

項羽と劉邦 King’s War 第40話 趙高誅殺のユーザーレビュー

項羽と劉邦 King’s War 第40話 趙高誅殺のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで番組について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく