クランクイン!ビデオ

項羽と劉邦 King’s War 第56話 東からの奇襲

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

虞子期(ぐしき)は項羽(こうう)に、まず斉を平定した後、全軍で彭城(ほうじょう)に戻って漢と戦うべきだと訴えるが、項羽は少数の兵で劉邦(りゅうほう)を倒してみせると彭城に戻ることを決める。韓信(かんしん)はカイ徹(かいてつ)から劉邦に謝罪するよう説教されるが聞く耳をもたなかった。一方、劉邦は張良(ちょうりょう)からも、項羽が攻めてくるのに備えるべきだと言われるが心配しすぎだと取り合わない。さらに張良は全ての兵を韓信に任すべきだと言うが、韓信への怒りを抑えられない劉邦は韓信の話はもうするなと答える。劉邦に呼ばれた張耳(ちょうじ)と陳余(ちんよ)は、鉢合わせしてしまい、取っ組み合いのケンカをはじめる。何とか引き離した劉邦は、敵として憎み合うより仲間として楚と戦うべきだと諭し、趙の地は陳余に、張耳には新たな領地を与えることを提案する。彭城(ほうじょう)の近くに項軍が現れたと知った劉邦は、将兵を韓信に預けて彭城の守りを託した。韓信は彭城の東は悪路のため、項軍が攻めてくるはずがないと、北、西、南の守りを堅固にして項羽を待ちかまえる。その頃、項羽は手勢3万人を率いて城の北にたどりついていた。項羽は、虞子期と季布(きふ)に大部分の兵を預けると、自分はわずかな兵を率い東から奇襲をかけた。

出演:何潤東(ピーター・ホー)、陳道明(チェン・ダオミン)、段奕宏(ドアン・イーホン)、楊立新(ヤン・リーシン)、孫海英(スン・ハイイン)、霍青(フォ・チン)、泰嵐(チン・ラン)、李依暁(リー・イーシャオ)、湯ヤン(タン・ヤン)、他
監督:ガオ・シーシー 脚本:ワン・ハイリン、イエン・ガン

項羽と劉邦 King’s War 第56話 東からの奇襲のユーザーレビュー

項羽と劉邦 King’s War 第56話 東からの奇襲のユーザーレビュー

項羽と劉邦 King’s War 第56話 東からの奇襲のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで番組について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく