studioぴえろ

NARUTO‐ナルト‐(サスケ奪還編) 第百二十七話 執念の一撃!早蕨の舞

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

呪印を開放し、変貌する君麻呂。砂の戒めを突き破り、その血継限界の力で我愛羅を追いつめる。さらに最強硬化した骨で我愛羅の絶対防御、守鶴の盾を貫こうとする。互いに最硬を誇る、「矛」と「盾」の激突の行方は……!?

うずまきナルト:竹内順子 うちはサスケ:杉山紀彰 春野サクラ:中村千絵 はたけカカシ:井上和彦 うみのイルカ:関俊彦 三代目火影・猿飛:柴田秀勝
原作:岸本斉史(集英社「週刊少年ジャンプ」連載) 監督:伊達勇登 シリーズ構成:隅沢克之 キャラクターデザイン:西尾鉄也・鈴木博文 美術:高田茂祝 音楽:六三四プロジェクト・増田俊郎 アニメーション制作:studioぴえろ

NARUTO‐ナルト‐(サスケ奪還編) 第百二十七話 執念の一撃!早蕨の舞のユーザーレビュー

NARUTO‐ナルト‐(サスケ奪還編) 第百二十七話 執念の一撃!早蕨の舞のユーザーレビュー

NARUTO‐ナルト‐(サスケ奪還編) 第百二十七話 執念の一撃!早蕨の舞のユーザーレビュー

(採点3件 / レビュー1件)

忍道とは、認道である。

ネタバレ

投稿日時:2012/9/3 00:45

投稿者you*****************さん

役に立った0

このレビューにはネタバレが含まれています。 レビューを表示 ]

『己にとって大切なものが、必ずしも善とはかぎらない。たとえそれが悪だとわかっていても、人は孤独には勝てない。』by 我愛羅。この言葉にぐっときました。この物語の典型的なメッセージだと思います。特に我愛羅が語るだけに。どれだけ人間が自己重要感に渇望しているのか。だからこそ、一人ひとりが、他人のことをどれだけ認めてあげられるか。それらが、人として生きる上で、とてもとても大事であること。これが一連の物語で共通しているテーマであり、作者が最も視聴者に訴えたいことなのがわかります。だから本作品は世界中で人気なんだと思います。洋の東西も関係なく、子供も大人もみんな、認められたいんですね。だから、自分を認め、周りの人々を認めてあげられるように、大きな人になりましょう(とくに私(笑))。

このレビューは役に立ちましたか? 違反報告をする

00173:v12006 13986143849988.670a.11297

エリアを閉じる

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく