TBSオンデマンド

クローン ベイビー 11th CLONE 最終章~それでも僕らは生きていく~

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

マスタークローン・澪(滝裕可里・2役)に、注射器を持って近付く“謎の男”。その男の正体は、なんと青柳正宗(市川知宏)の父・数馬(松重豊)であった……。クローンたちによる壮絶な殺し合い、奪い合い、すべてが数馬によって仕組まれたことだと知った正宗は、愕然とする。一方、葛飾マリカ(滝裕可里・2役)の病室で倒れ、瀕死の状態に陥った菊池ヒロ(松坂桃李)は、初めて自らの感情を吐露。ヒロがマリカに打ち明けた、本当の思いとは!? そして、ヒロの身を案じるマリカの心臓にも、再びあの激痛が。マリカの命が「あと数時間しか持たない」と宣告された兄・葛飾省吾(牧田哲也)は、その場に崩れ落ちるが……。非情な運命を背負ったクローン同士による壮絶な戦いが、ついに終焉を迎える。果たしてこの「イス取りゲーム」が導いたシナリオの最終ページはいかに……!?

市川知宏、松坂桃李、滝裕可里、山崎賢人(崎は旧字です。システムの都合上、「崎」となっております。)、菊田大輔、稲葉 友、菊池亜希子、未来穂香、牧田哲也 ほか
プロデューサー:伊與田英徳(チーフプロデューサー)、川嶋龍太郎、佐藤敦司 演出:川嶋龍太郎、岡本伸吾 脚本:中山智博(第1回TBS連ドラ・シナリオ大賞ファイナリスト) ほか

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく