TBSオンデマンド

ルート66 ~郷愁のハイウェイ~ Vol.3 アリゾナ・西部劇の町~60年代アメリカの旅

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

アリゾナ州に入り砂漠地帯を進むと山岳地帯に入り、やがて小さな町・オートマンにたどり着く。ここは西部劇の舞台さながらの小さな町で、野生のロバがあちこちにいるなど、実にのんびりとした風景。町の名前は、開拓時代に白人の少女がネイティブインディアンにさらわれて奴隷にされるという悲劇に由来する。長い年月を経て大人の女性となった彼女が解放された。その場所を、彼女の名前を取って「オートマン」となったのである。この町を抜けると道はさらに険しくなり、“ルート66”の中でも指折りの難所となる。ガードレールもない荒れた山道を越えると、キングマンという町にたどり着く。沿道には良き時代のアメ車を扱う中古車店やスクラップ店が多い。町中に入ると、ここにも「ルート66ミュージアム」がある。さらに進むと“ルート66”のペイントが施された大きな貯水タンクが現れる。これも有名な“ルート66”のシンボルのひとつである。

プロデューサー:矢島公紀

ルート66 ~郷愁のハイウェイ~ Vol.3 アリゾナ・西部劇の町~60年代アメリカの旅のユーザーレビュー

ルート66 ~郷愁のハイウェイ~ Vol.3 アリゾナ・西部劇の町~60年代アメリカの旅のユーザーレビュー

ルート66 ~郷愁のハイウェイ~ Vol.3 アリゾナ・西部劇の町~60年代アメリカの旅のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで番組について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく