TBSオンデマンド

地球絶景紀行 #23 アルプスの輝き ドロミーティ(イタリア)

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

“驚異の大自然・ドロミーティ山群”イタリア北東部の大山岳地帯「ドロミーティ」。アルプス山脈に属するこの地域には、東西150キロに渡り、3000メートル級の尖峰が連なっています。去年、世界遺産にも認定され、世界中から観光客が押し寄せる絶景エリアです。今回の旅では、その「ドローミティ」を西から東へ横断します。まず最初に訪れたのはオルティセイという小さな街です。この辺り一帯はガルデーナ渓谷と呼ばれ、ドロミーティの中でも人気の高いトレッキングスポット。緩やかな高原の散策路から、徐々に針葉樹の森の中へ入って行きます。万年雪を抱く荒々しい岩山や野生の子ジカ、色鮮やかな高山植物のお花畑など、大自然の美しい光景と出会いながら、3時間かけてセウラサス山の山頂に到着。するとそこには、360度の大パノラマが広がっていました。“霧に佇むミズリーナ湖”オルティセイを出発してさらに東を目指します。途中、「木彫り細工の村」や「壁画の村」など、まるで童話集の挿絵のようなかわいい村々に立ち寄りながら、さらなる絶景を求めて進みます。ところが進むほどに車窓が霧に包まれ視界が悪くなってきます。すると、霧の中から突如、美しい湖が姿を現しました。「ドロミーティの真珠」と呼ばれるミズリーナ湖です。アルプスの雪解け水を満々とたたえた湖面は、しんと静か。霧に佇む姿がとても幻想的です。“ドロミーティ屈指の峻峰 トレ・チーメ”ドロミーティ横断の旅もいよいよクライマックス。終点コルティナ・ダンペッゾの街に到着しました。ここには『ドロミーティ屈指の絶景』と言われる奇岩の山「トレ=チーメ」があると聞き、さっそく向かいます。けれど相変わらず霧が深く、山に近づくほど視界が閉ざされてしまいます。見晴らし台に到着したものの、この日は深い霧に包まれてトレ・チーメは全く見えませんでした。翌日、再チャレンジのため快晴の下、見晴らし台へ向かいます。車からの眺めも前日とは大違い、霧は晴れ次々とドロミーティの雄大な景観が目に飛び込んできます。車を止め、見晴し台へ……。すると、待ちに待った大迫力の奇岩の群れ、トレ・チーメが姿を現しました。標高2999メートル、見る角度によってさまざまな姿を見せる“大自然の彫刻=トレ・チーメ”。凄まじい大地のエネルギーが作り上げた絶景です。

【ナレーター】安田成美 遠藤浩二
脚本:構成:新貝典子 プロデューサー:浦城義明

地球絶景紀行 #23 アルプスの輝き ドロミーティ(イタリア)のユーザーレビュー

地球絶景紀行 #23 アルプスの輝き ドロミーティ(イタリア)のユーザーレビュー

地球絶景紀行 #23 アルプスの輝き ドロミーティ(イタリア)のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで番組について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく