TBSオンデマンド

ケータイ刑事 銭形泪 セカンドシリーズ #10 ミステリー作家の友情

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

“きれいな死に方……”ミステリー作家ナンバーワンと評される黒沼天命氏が自宅の布団の上で絶命していた。死因は酸素欠乏による窒息死。首には無数の引っ掻き傷がある。爪に皮膚が付着。しかも密室。もがき苦しんでいたとするならこんなにきれいな寝姿にはならないはず。一体……“ここはジャングルか???”黒沼の部屋は観葉植物が部屋を囲むように並んでいる。そしてあちらこちらにとても高そうな壺や花瓶が置いてある。“原稿どおりの行動”黒沼は手に原稿を握り締めていた。タイトルは「友よ」。高村刑事はなぜか原稿どおりの行動とセリフを話すのだ。そして壺の中からドライアイスのかけらが出てきた。さらに冷凍庫の中からも同じドライアイスが見つかった。部屋には多くの観葉植物がある。死因はドライアイスにより二酸化炭素の濃度が数十倍になり、酸素が欠乏……そして窒息?……“ライバル登場”黒沼天命氏とは双璧といわれるほどのミステリー作家の重鎮、桃白善が突然天命氏の自宅に現れた。そして彼は、「私が殺した」と言うのだ。しかし自分にはアリバイがあるという。だから逮捕できないと。“監視カメラは見た!!”確かに死亡推定時刻の午後11時頃、桃白は駐車場に停めてある自分の車の中にいた。そして、なんとそこに高村の車が入ってきたのだ。自らアリバイを証明してしまった高村刑事。このアリバイ、どうやって崩すことが出来るのだろうか?

黒川芽以、草刈正雄、金剛地武志、佐藤二朗、木村靖司、戸田昌宏、並樹史朗、藤木孝、久松信美、森川正太、松金よね子、西山繭子、樋渡真司、モロ師岡、岡田秀樹、大西結花、矢島健一、加藤賢崇、木下ほうか、山中聡、斎藤暁、つまみ枝豆、入江雅人、 三輪ひとみ、喜多嶋舞、半海一晃、飯田基祐、氏家恵 ほか
脚本:林誠人、中山智博、渡辺千穂、渡邊睦月、中邨武尊、岩村匡子、佐藤二朗、三宅隆太、福田裕子 プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ(BS-i)、吉川 厚志 監督・ディレクター:田沢幸治、加藤 章一、佐々木浩久、安藤 尋、吉村剛弘、豊島圭介、三宅隆太、桜庭信一、井口昇、吉川厚志、三原光尋

ケータイ刑事 銭形泪 セカンドシリーズ #10 ミステリー作家の友情のユーザーレビュー

ケータイ刑事 銭形泪 セカンドシリーズ #10 ミステリー作家の友情のユーザーレビュー

ケータイ刑事 銭形泪 セカンドシリーズ #10 ミステリー作家の友情のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで番組について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく