関西テレビ おんでま

天体観測 第3話

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

恭一(伊藤英明)は上司から突然市場調査にまわるよう命じられた。プレゼンで確かな手応えを感じていた恭一は納得いかない。外出しようとした上司につめよったが、「組織には組織の考え方がある。いやなら辞めろ」と突き放された。ロビーで立ちつくしていた恭一の耳に女性の声が聞こえた。「長谷川健太さんをお願いしたいんですが」。健太(山崎樹範)のメール相手、有坂七重(長谷川京子)だった。「今日は戻って来ないんだ」。恭一はとっさに事情を察した。どうやら健太は家業の魚屋を恥じて、恭一の会社名を七重に伝えたらしい。七重は健太とのデートで突然帰ってしまったことを詫びた。「仕事、偽るんじゃねぇよ」「マジ? 会社に来たのかよ!」。七重の行動に落ち込んでいた健太は喜んだ。「もう一度会って、ちゃんと魚屋だって言え」「……イヤ……わかってるんだ」。しかし、打ち明ける勇気はまだ健太にわいてこなかった。「仕事を辞めてほしい」。夫の真剣な口調に聡美(田畑智子)は思わず身構えた。夫の気持ちには以前から気づいていた。しかし聡美は老人介護の仕事をあっさり捨てる気持ちにはなれなかった。「もっとパワーあると思ってたのに」ジュピターで友也(坂口憲二)が美冬(小雪)相手に予備校の生徒の無気力ぶりをボヤいていると、恭一がふらりと現れた。「そっか、今は同じ職場なんだもんな」。恭一はつぶやいた。美冬は予備校の講義数を増やすよう打診されていた。引き受ければ小学校教員の夢はさらに遠のく。「夢なんだろ。頑張れよ」。友也は励ましてくれたが、恭一の反応は違っていた。「今の美冬がそんな狭き門通れる訳ないよ。本気じゃないなら、辞めたほうがいい」。恭一の言葉に美冬はショックを受けた。

出演:伊藤英明、坂口憲二、オダギリジョー、小雪、小西真奈美、山崎樹範/長谷川京子/大谷直子 ほか
制作:関西テレビ 共同テレビ

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく