Dチャンネル

リッパー・ストリート 第4話

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

スーザンの経営する売春宿に、蒸発していた元売春婦のルーシーが現れた。ルーシーはてんかん発作を起こすようになった2年ほど前に、こつ然と店から姿を消していたのであった。その後、ルーシーが血まみれでH管区署に現れた。「殺人を目撃した」と、興奮状態であった。殺されたのはルーシーの母親のマギーと、ローチという男。ルーシーの家は、スラムの貧しいアパートで、ローチは家賃の取り立て人であったため、家賃をめぐるいさかいの末の殺人と思われた。ルーシーは妊娠していたが、父親が不明だった。捜査を進めるうちに、ルーシーにはおなかの子以外にも子供がいて、その父親がスタンリー・ボーンであることが判明する。スタンリー・ボーンは、ロンドン議会の議員だが、裏の顔はスラムの帝王だった。スラムの貧しい人々から厳しく家賃を取り立てるとともに、地下鉄建設用地を確保するため、スラムを鉄道会社に買わせて解体させ、利益を得ていた。そしてボーンを陰で操っていたのは、クラブという精神科医だった。クラブは2年前、やはりてんかん持ちのボーンを治療した。そして、また若かったルーシーをボーンに「贈る」のと引き換えに、ボーンに自分の病院を建てさせていた。やがてマギーが殺されたのは、口封じのためだったことが判明する。ルーシーとボーンの関係を知るマギーが邪魔だったボーンは、ローチに殺させたのだった。鉄道工事が無事に完了し、竣工式典が開かれたその日、ルーシーはボーンの裏の顔を市民にしらしめるべく、彼と正面対決をするのであった。

マシュー・マクファディン ジェローム・フリン マイアンナ・バーリング
監督:トム・シャンクランド 製作総指揮:グレッグ・ブレンマン ウィル・グールド エド・ギニー アンドリュー・ロウ 脚本:リチャード・ワーロウ トビー・フィンリー

リッパー・ストリート 第4話のユーザーレビュー

リッパー・ストリート 第4話のユーザーレビュー

リッパー・ストリート 第4話のユーザーレビュー

(採点1件 / レビュー1件)

ロンドンのスラムと地下鉄の関係が面白い。

投稿日時:2016/4/5 23:17

投稿者jeu******さん

役に立った0

ルーシーが娼婦にしては育ちが良さそうだったのと、議員と医者があまり極悪に見えなかったのが不自然でしたが、基本的には面白く見られます。
当時のロンドンの地下鉄事情が分かる作品はめったにないので、星5とします。
シーズン2も是非配信してください。

このレビューは役に立ちましたか? 違反報告をする

00867:v01017 14598658527469.6711.10472

エリアを閉じる

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく