Dチャンネル

リッパー・ストリート 第6話

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

1889年、ロンドンのドックでは、港湾労働者によるストが行われていた。このストを指揮していたのは、モリス。バーナー街で外国人労働者を啓発しながら、人々に政府の奴隷になるな、自由は勝ち取るものだと説いていた。そのモリスに疑惑の目を向けていた青年がいた。彼の名はジョシュア・ブルーム。ユダヤ人の思想家だった。そのジョシュアが自宅で爆死した。当初は、ジョシュア自身が爆弾を作っていた最中に死んだと思われた。しかし、のちにジョシュアが殺されたらしいことが分かる。リードたちが捜査を進める中で、モリスは実はロシアが送った、ゾトキンというスパイであり、人々を扇動してストを起こさせ、なおかつ、ロンドンに大惨事を引き起こす使命を追っていたことが判明する。しかも、警視庁公安課のコンスタンタイン警視や、モンロー警視総監までもがその手助けをしていたことが判明するが、モンローもコンスタンタインもその事実を知らずにロシアに踊らされたいたのであった。ゾトキン(モリス)はその後、爆破事件を起こしてヒ素をばらまき、ロンドンに大惨事を起こそうとするが、この試みは失敗に終わり、逮捕される。ジョシュアの死を悼んでいた兄のアイザックは、すべては秩序から無秩序に向かうものであり、弟ジョシュアのように信仰に生きる者には未来がないと嘆くのであった。

マシュー・マクファディン ジェローム・フリン マイアンナ・バーリング
監督:トム・シャンクランド 製作総指揮:グレッグ・ブレンマン ウィル・グールド エド・ギニー アンドリュー・ロウ 脚本:リチャード・ワーロウ トビー・フィンリー

リッパー・ストリート 第6話のユーザーレビュー

リッパー・ストリート 第6話のユーザーレビュー

リッパー・ストリート 第6話のユーザーレビュー

(採点2件 / レビュー1件)

ヴィクトリア時代のアナーキスト

投稿日時:2016/4/5 23:21

投稿者jeu******さん

役に立った0

ロシア人のアナーキストを悪役にしてまとめてしまったのはいささか出来レースにみえますが、アナーキスト、ユダヤ人、労働運動、など、テーマは深くて興味深いです。
一見の価値のある面白だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? 違反報告をする

00867:v01017 14598660678524.1000.24638

エリアを閉じる

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく