手塚治虫アニメワールド

火の鳥 復活編 その二

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

医療施設を抜け出したレオナとチヒロは、爆発跡地にたどりつく。次第に過去の記憶を取り戻したレオナは、過去の恋人レイコが遺した言葉の意味を知る。

火の鳥:竹下景子 猿田彦(猿田):小村哲生 ナレーション:久米明
原作:手塚治虫 監督:高橋良輔 脚本:五武冬史、長谷川圭一、杉井ギサブロー、野崎透、小林弘利 作画監督/キャラクターデザイン:杉野昭夫、内田裕、西田正義、大下久馬 アニメーション制作:手塚プロダクション 国際共同制作:Thirteen/WNET New York 共同制作:NHKエンタープライズ 制作・著作:NHK

火の鳥 復活編 その二のユーザーレビュー

火の鳥 復活編 その二のユーザーレビュー

火の鳥 復活編 その二のユーザーレビュー

(採点1件 / レビュー1件)

180度転換したメッセージ性

投稿日時:2013/6/12 10:35

投稿者and*****さん

役に立った6

黎明編を見て、それなりの作画だと思ったもののいまいちピンと来なかった理由が復活編で明確になった気がしました。

尺だけの為に改変するには火の鳥の中では短い話の筈ですが、原作の焦点であるロボットの心から見た人間の醜さを大人の都合とばかりに、コミカルな悪役からのSF逃避行になっています。
このアニメの元は手塚漫画の重要ファクターであるロビタの衝撃的な出生を描いていることから知名度の高いエピソードであると思います。火の鳥をアニメ化するひとつの理由でもあったかと思ったのですが、原作読者が期待する名シーンの再現は望まない方が良いということでしょうか。

 漫画好きにスタンダードとして語り継がれる復活編のメッセージと哀しさはこのアニメには一切登場することなく、火の鳥の語り部としては欠落した内容だったと思います。どちらかというとアトム番外編といったところでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? 違反報告をする

00923:v00010 13985700475757.670a.11321

エリアを閉じる

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく