エリザベート-愛と死の輪舞-(’09年月組・東京・千秋楽)

エリザベート-愛と死の輪舞-(’09年月組・東京・千秋楽)

92年、ウィーンで上演されたミュージカル「エリザベート」を宝塚独自の装置や衣装、振付により、宝塚版として’96年に雪組で初演。その後、再演を重ねる宝塚を代表するミュージカル。ハプスブルグ家最後の皇妃エリザベートの生涯を、彼女と“死”であるトート、そして皇帝フランツの愛憎劇として描き、宝塚版ではトートを中心に物語が展開する。

92年、ウィーンで上演されたミュージカル「エリザベート」を宝塚独自の装置や衣装、振付により、宝塚版として’96年に雪組で初演。その後、再演を重ねる宝塚を代表するミュージカル。ハプスブルグ家最後の皇妃エリザベートの生涯を、彼女と“死”であるトート、そして皇帝フランツの愛憎劇として描き、宝塚版ではトートを中心に物語が展開する。ルキーニ役とエリザベート役を演じてきた瀬奈じゅんが、今作品でトート役を演じる。物語はエリザベート暗殺犯ルキーニ(龍真咲)を狂言まわしに進行する。意識不明となり冥界に迷い込んだエリザベート(凪七瑠海)に一目で惹きつけられたトート<死、黄泉の帝王>(瀬奈じゅん)は、彼女に命を返してやる。そして、その愛を獲るまでエリザベートを追い続けることを決意する。ハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(霧矢大夢)はエリザベートを見初め二人は結婚するが、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィー(城咲あい)や、窮屈な宮廷生活に耐えられず、フランツに助けを求めるが彼も味方ではなかった。そんなエリザベートの許にトートは度々訪れ死へと誘惑する……。

■ユーザーレビュー:  (採点:1件 / レビュー:1

■商品情報: パソコンスマートフォン

■サービス提供者:GYAO

タカラヅカ・オン・デマンド

  • お気に入り
  • 通常購入
購入形式
  • 単話

動作環境注意事項を必ずお読みいただき、同意の上、 映像再生テスト後にご購入ください。
各用語については用語説明をご覧ください。

1件中1件を表示しています。

[ 並べ替え ] [ 前のページ | 次のページ ]

エリザベート-愛と死の輪舞-(’09年月組・東京・千秋楽)

パソコンスマートフォン
配信期間:2014/7/1~未定
864円/7日間  購入する
購入形式
  • 単話

ユーザーレビュー

(採点1件 / レビュー1件)

ユーザーレビュー一覧(1件)

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をMyGYAOの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクケータイ支払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。もっと詳しく
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。もっと詳しく