刑事7人(2018) 第3話

番組ページへ

通信環境・視聴環境確認のため、ご購入前に必ず映像再生テストを行ない、
動作環境注意事項を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
サンプル映像が再生できない場合、ブラウザを最新版に更新してください。

映像再生テストへ GYAO!視聴ページに遷移します

  • 刑事7人(2018) 第3話

  • 300円 +税24円 購入から7日間 商品を購入した直後から視聴期限のカウントが始まります。詳しくはこちら

    獲得ポイントの内訳を見る

    販売期間:2018/7/31~2020/6/23

  • 刑事7人(2018) 全話パック

  • 2000円 +税160円 購入から14日間 商品を購入した直後から視聴期限のカウントが始まります。詳しくはこちら

    獲得ポイントの内訳を見る

    販売期間:2018/9/18~2020/6/16

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

刑事資料係の天樹悠(東山紀之)がパソコンにデータ入力をしていると、新人の後輩・野々村拓海(白洲迅)がコーヒーを差し入れた。朝から騒々しく「いつか一課の刑事になりたい!」と夢を語る野々村に「向いてないと思うよ」と一言。焦る野々村に「地道に結果を出して行くしかない」と告げる。そんな中、森下康子(手塚理美)と名乗る女性が刑事資料係を訪れる。康子の息子・正隆(若林時英)が半年前に川辺で亡くなり自殺と判断されたが、その正隆が亡くなる一週間前に中古マンションの見積もりを取っていたことが発覚。家を買おうと思っていた矢先に自殺するとは考えられないと訴える。天樹だったら話を聞いてくれるかもしれないと聞いて資料係に来たと語る康子に、野々村は自分が捜査をすると立候補。それとなく天樹や青山新(塚本高史)、水田環(倉科カナ)に再捜査方法を聞きながら独自に捜査を始める。

東山紀之 田辺誠一 倉科カナ 白州迅 塚本高史 吉田鋼太郎 北大路欣也
脚本:寺田敏雄 ほか 音楽:吉川清之 ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日) プロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日) 和佐野健一(東映) 井元隆佑(東映) 監督:及川拓郎 ほか 制作:テレビ朝日 東映 ※「よしかわ」の「吉」は「つちよし」になります。

ボタン・アイコンの説明

ウォッチリスト このボタンを押すことで商品または番組をマイメニューの「ウォッチリスト」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
Yahoo!ウォレット Yahoo!ウォレットで購入いただける商品です。 WebMoney WebMoneyで購入いただける商品です。
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクまとめて支払い」で購入いただける商品です。 au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。 もうすぐ終了 販売が終了する日の7日前よりこのアイコンが表示されます。
もうすぐ登場 7日以内に配信されるものにこのアイコンが表示されます。 販売終了 販売が終了した映像や商品にこのアイコンが表示されます。
販売終了前に購入していた場合、視聴期限内であれば視聴可能です。