激動の昭和史 軍閥

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

二・二六事件を契機に軍部の政治進出に拍車がかかり、東条内閣成立後、太平洋戦争へと突入していく日本の近代史を壮大なスケールで描いた、東宝「8・15」シリーズの一作。「軍閥」と呼ばれる軍上層部のグループが力を持つに至った事実を明らかにし、日本が戦禍の渦に呑みこまれていく過程を、記録フィルムを随所に挿入して克明に描く。

小林桂樹 加山雄三 黒沢年男 三橋達也 山村聡 三船敏郎
監督:堀川弘通 脚本:笠原良三

激動の昭和史 軍閥のユーザーレビュー

激動の昭和史 軍閥のユーザーレビュー

激動の昭和史 軍閥のユーザーレビュー

(採点2件 / レビュー2件)

負けると判っていても・・・。

投稿日時:2012/3/7 21:41

投稿者sho********さん

役に立った2

70数年前も、現代も石油{エネルギー}で戦争になるんじゃ、人間も進歩はしていないなぁ と感じさせます。

このレビューは役に立ちましたか? 違反報告をする

00799:v08721 13988364565788.6ca9.05121

エリアを閉じる

負ける戦争

投稿日時:2012/2/13 05:06

投稿者jcp******さん

役に立った9

この時代の裏事情として、石油等の問題があった。ドイツを含め、石油・石炭等の資源はの入手が極めて困難であった。日本の石油外交の陰にCIAが列国との日本の契約を妨害する行為が多々あったこと。真珠湾攻撃の時には、資源が枯渇していたこと。背水の陣とは言え、無謀な軍部の行動であった。国敗れて山河ありとは云うが、侵略戦争をする必要はなかったのでは。ここにも、公務員の悪態がみられる。大和魂という美辞麗句を利用して、若い血潮を失ったのである。大和魂とは、たんに「負けじ根性」をいうのである。日本人は負けるのが嫌いである。負けて勝った結果が現代であるが、これは一般国民の努力であって、「合法的公金の横領」をする公務員の力ではない。ただ、ひとえに日本国民は再生能力に長けているということを評価したい。

このレビューは役に立ちましたか? 違反報告をする

00799:v08721 13986916961464.670a.11296

エリアを閉じる

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をマイメニューの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
Yahoo!ウォレット Yahoo!ウォレットで購入いただける商品です。 WebMoney WebMoneyで購入いただける商品です。
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクまとめて支払い」で購入いただける商品です。 au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。 もうすぐ終了 販売が終了する日の7日前よりこのアイコンが表示されます。
もうすぐ登場 7日以内に配信されるものにこのアイコンが表示されます。 販売終了 販売が終了した映像や商品にこのアイコンが表示されます。
販売終了前に購入していた場合、視聴期限内であれば視聴可能です。