エリザベート-愛と死の輪舞-(’02年花組・宝塚)

GYAO!ストアは日本国内のみで視聴いただけます。

お客様がお使いのIPアドレスは、GYAO!ストアで導入しているIP判定データベースで、日本国内のIPアドレスではないと判定されたため、ご利用いただけません。
詳細はこちら

同じ番組に含まれる映像

エリアを閉じる

ハプスブルグ家最後の皇后エリザベートの生涯を、彼女と“死”トート、そして夫の皇帝フランツの愛憎劇として描くウィーン発のミュージカル。宝塚では、トート中心の潤色で’96年に雪組で初演。その後、各組で再演が続き宝塚歌劇の代表作となる。今回お届けする春野寿美礼がトートを演じた花組公演から、トートとエリザベートのデュエット“私が踊る時”が加えられた。物語は暗殺犯ルキーニ(瀬奈じゅん)を狂言まわしに進行する。トート<死、黄泉の帝王>(春野寿美礼)は少女エリザベート(大鳥れい)を一目見て惹かれ、瀕死の彼女の命を助ける。そして生きたままのエリザベートの愛を獲るまで何処までも彼女を追い続けようと決心する。一方、エリザベートはハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(樹里咲穂)と結婚するが、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィーや窮屈な宮廷生活に耐えられず、また、フランツも味方ではなかった。

春野寿美礼 大鳥れい 瀬奈じゅん 樹里咲穂 他
ミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)、シルヴェスター・リーヴァイ(音楽)、ウィーン劇場協会(オリジナル・プロダクション)、小池修一郎(潤色・演出)、中村一徳(演出)

エリザベート-愛と死の輪舞-(’02年花組・宝塚)のユーザーレビュー

エリザベート-愛と死の輪舞-(’02年花組・宝塚)のユーザーレビュー

エリザベート-愛と死の輪舞-(’02年花組・宝塚)のユーザーレビュー

(採点0件 / レビュー0件)

この映像にはまだユーザーレビューの投稿がありません。
あなたが最初の投稿者になりませんか。

ユーザーレビューで番組について意見交換ができます。
映像視聴ページの「ユーザーレビューを投稿する」ボタンから投稿できます。

ボタン・アイコンの説明

お気に入り このボタンを押すことで商品または番組をマイメニューの「お気に入り」に追加できます。 無料 番組のなかに、無料で視聴いただける映像が含まれています。
値下げ 番組のなかに、販売価格が割引中の商品が含まれています。 Tポイント Tポイント獲得対象商品です。 Tポイントとは?
Yahoo!ウォレット Yahoo!ウォレットで購入いただける商品です。 WebMoney WebMoneyで購入いただける商品です。
パソコン パソコンで視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。もっと詳しく スマートフォン iPhone、iPad、Android端末などでも視聴いただける商品、もしくはそれを含む番組です。
SoftBank ソフトバンクのモバイル支払いサービス「ソフトバンクまとめて支払い」で購入いただける商品です。 au auのモバイル支払いサービス「auかんたん決済」で購入いただける商品です。
docomo NTTドコモのモバイル支払いサービス「ドコモ ケータイ払い」で購入いただける商品です。 もうすぐ終了 販売が終了する日の7日前よりこのアイコンが表示されます。
もうすぐ登場 7日以内に配信されるものにこのアイコンが表示されます。 販売終了 販売が終了した映像や商品にこのアイコンが表示されます。
販売終了前に購入していた場合、視聴期限内であれば視聴可能です。